ビューラーの使い方

ビューラーが一番の原因


ビューラーがまつげが抜けるカギに。。

まつげが抜ける原因で一番多いのが、

■ビューラーの使い方が間違っている。。

ということのようです。

実際、ビューラーの使用を
やめたら、自然と生えてきた。。


という人も多くいます。

でも、やっぱり
まつげはキレイにカールさせたい
ですよね。。

そんな人のために、
ビューラーの間違った使用法と
正しい使い方をお話ししていきます。

よくある間違い


ビューラーの間違いは、
だいたい次の4つになります。

  1. 無理に力を入れすぎている
  2. 古いビューラーを使用している
  3. ビューラーが合っていない
  4. 頻度が多すぎる

思い当たる人も多いのでは
ないでしょうか。。

そういった、間違った使用法が
まつげにダメージを与えて、
それで まつげが抜けるように
なってくる。。というのが大きな問題です。

ビューラーの正しい使用法


では、次に正しい使用法についてです。

頻度を落とす


できれば、ビューラーを使う頻度を
落としてあげましょう。


  • 人と会わない時には使わない
  • 彼氏と会う時だけ(!)にする

これだけで かなり解消する場合が
あります。

まつげや目の形に合ったモノを使う


目の形は人によって様々で、
ビューラーも合う、合わないがあります。

まつげのカーブに合わないモノを
無理やり使っていると、
一部に無理がかかってくる感じですね。。

おすすめのビューラー
一番人気なのは資生堂の
→アイラッシュカーラー です。



こちらがうまくいかない、
目のカーブがゆるい人には、
→マキアージュのビューラー
うまくいくことが多いようです。




→シュウウエムラのビューラー
軽い力であがるので高評価です。



いろいろな目の形に合うように
設計されているようですが、
小さくてカーブの深い目では
うまくいかない場合もあるみたいです。。

(つまり、シュウも ややゆるめ)

私は、シュウウエムラを使っています。^^

古くなったらゴムを変える


古くなったビューラーは、
キレイにカールさせるために
どうしても力が要るようになります。

また、均一に力がかからずに
一部のまつ毛が集中して抜ける
原因にもなります。

なので、
定期的にゴムを変えるようにしましょう。

ちなみにシュウウエムラは、
替えゴムが1つ付いてくるのですが、
替えゴムだけは売っていないので、

少しもったいないですが、
本体ごと買い換えてます。

(追記)
シュウウエムラは、替えゴムの販売も
始まりました!

助かりますね。。

各商品の替えゴムについて

上で紹介した3つのビューラーの
替えゴムについて説明しておきますね。。

まず、アイラッシュカーラーの
替えゴムはAmazonでも売っています。



Amazonだと条件が合えば
送料無料になるのがうれしいですね。。

次に、マキアージュの替えゴムなんですが。。

こちらは、「アイラッシュカーラーの替えゴム」で
代用できます。


ただ、アイラッシュカーラーも
種類(「213」や「214」など。。)が
出てきてますので、注意してくださいね。。

(ネットで調べたトコロ、
 213はマキアージュの
 エッジフリー代用可のようです)

最後に
シュウウエムラのビューラーの替えゴムは
Amazonでは販売されていないようですね。。

他のネットショップか、→シュウウエムラの
公式オンラインストア
での購入になるかと思います。

(公式では8,000円以上じゃないと
 送料が300円かかってきます。
 注意して下さい。)

ビューラーのゴムや本体の「替え時」はいつ?


こういう話しになると、

「じゃあ、ビューラーのゴムの
 替え時ってどのくらいですか?」

という質問が
飛んできそうですね。^^

でも、ゴムって意外に

■温度変化や乾燥などに弱い

という性質を持ってるんです。

なので、たとえば、
営業をしてる方などで、

黒いバッグの中に
ビューラーを入れて
外回りをしてる

とかでは、ゴムの痛みも
早いというコトになってきます。

つまり、
  • 目で見て
  • 指で弾力を確かめて
硬く、ヒビ割れじゃないけど、
筋のようなモノが入ってきたら
もうアウトですね。。

弾力が失われてきた
時点が「替え時」だと思います。


本体に関しても、
「あなたの力の入れ方」や
「製品のもともとの仕上がり具合」
などによって、「替え時」は
大きく変わってくると思いますよ。。

■無理な力を入れずに
 均等にまつげに力がかかる


この状態から外れてしまったら
「替え時」と言えるでしょうね。。

力を入れない


実際にビューラーを使用する時は、
なるべく力を入れないようにするのが
ポイントです。

力を入れずにカールする
というのは、なかなか難しいんですが。。

まつげに負担がかかっている人は、
「力を入れすぎている」場合が多いです。

そこのトコロを意識してみましょう。

また、
根元」「中心」「先」
3回に分けて上げるのもコツですね。。

(これは、よく言われますが。。)

 


以上が、ビューラーの正しい
使い方です。

でも、
実際にビューラーを使う時に
まつ毛が抜けるので、
「それだけ」が原因のように
思ってしまいますが、

そもそも
まつげが弱っている


ことが原因になってるコトも
多いんです。

つまり、弱ってしまって
抜けかかってる まつげに
ビューラーが
とどめを刺してしまった。。
的な。。^^;

なので、
まつげ美容液などを使って
まつげ自体を強くすることも
大切かな。。
と管理人的には
思ってます。

人気のまつげ美容液の
おすすめを紹介してるページが
ありますので、よかったら
チェックしてみてくださいね。。

→ 管理人がオススメのまつげ美容液一覧はコレ

人気おすすめランキングのバナー

→ その他のまつ毛が抜ける原因一覧