アイメイク・メイク残りは大敵

アイメイクが なぜ悪い?


メイク残り、アイメイクに注意!

まつげが抜ける原因として、
「アイメイクやメイク残り」も大きな
要因になってます。

→まつ毛の構造 のトコロでも
お話ししているように、
まつ毛の周りの皮膚はとても薄く、
また あらゆる刺激にも弱いです。

にもかかわらず、目のまわりの
メイクは、目の大きさを際だたせるために
正直に言うと、「キツい成分」が
使われている場合が多い
です。

また、涙や汗にも落ちにくい成分を
使用している場合も多く、
ただでさえ薄い皮膚にダメージを
与えている可能性が高いんです。

また、この強力なメイクを
落とすために使われるリムーバーや
クレンジング剤もメイク以上に
肌を傷めていることがあります。


かといって、落とさなければ、
毛穴をふさぎ、メイクが残り続けますので、

「落としてもダメ、残ってもダメ」

というマズい感じになっています。


解消法


では、このまつげのダメージを
最小限に抑える方法はどんなモノでしょうか?

できるだけ休ませる


やっぱり、一番いいのは、
「できるだけメイク(しかもアイメイク)を
 しない」
ということが、
最善の解消法になってしまいます。

メイクにもレベルをつけて、

  • 勝負メイク
  • そこそこメイク
  • 最小限メイク
  • 化粧しない時

という感じで、できるだけ
少な目にする時間が多くなるように
しましょう。

→ 休ませることについてくわしく

メイクを変える


メイク自体をもっと

肌に負担が少ない
クレンジングを使わずに済む

モノに変えるというのも、
とても効果的です。

顔に乗るモノすべてを
クレンジングのいらないモノにすれば、
肌やまつげに大敵のクレンジングから
解放されますので、効果は大きいです。

→ クレンジング不要なんてできるの?

キチンと優しく落とす


とはいえ、つけてしまった化粧は、
キチンと落とすことが必要です。

  • 優しく優しく、
  • 時間をかけて、
  • 丁寧に、

落としてあげることが、
メチャ重要です。

→ くわしい方法はこの記事で。。


 


こういった方法があげられます。

また、どの方法を取っても、
まつ毛の毛根を傷めてしまうことには
変わりがありません。

なので、まつげ美容液などを
使用して、ケアしてあげることも
大切になってきます。


→ まつげ美容液について