根元の皮膚の構造は?

根本的な構造


よく、
「まつげは抜けると生えてこない」
とか言われますが、
そんなことはありません!

実際にまつ毛は、4ヶ月ほどの周期
通常 生え変わります。

根本的な構造は、他の毛と
変わりません。

ちゃんと毛根もあります。

おもにホコリなどの異物から
目を守るのがその役目です。


体の中で一番薄い皮膚


問題なのが、まつ毛を
支える毛根は、とても
繊細だということです。

目の周辺の皮膚というのは、
体の中で一番薄いんです。


これは、外部からの刺激に
素早く反応できるように
そうなっています。

なので、少しのダメージや
刺激だったとしても、
まつ毛の毛根は思いのほか
影響を受けてしまいます。

体の不調はすぐ目に表れる
(たとえば目の下のクマなど)
といわれますが、

それは、毛根を通じて
まつげにも大きく影響して
しまいます。


なので、まつげは特に慎重に
ダメージを与えないように
ケアしていかないといけないんです。


。。と これで
まつげと根元の皮膚の構造についての
話しは終わりです。

次に、
そのケアの方法を見ていくことに
しましょう。


→ まつげのケアはどうする?